カラーの色落ちを防ぐには

December 11, 2016

おはようございます!

 

 

ホームページとホットペッパーから

カット+カラー+トリートメントorヘッドスパのお得なコースでご予約いただくことが多いです(*'ω'*)

 

ホットペッパーからは平日限定で更にお得なクーポン出ていますのでまだルフに来たことがないけど気になっているという方は必見ですよ♡

 

 

さて、カラーのお悩みでよく聞く

 

 

すぐに色が落ちる!!

 

 

しょうがないと思いつつもできれば長持ちさせたいですよね(´;ω;`)

 

 

でも、ほんの少しいつもより意識するだけで色落ちを遅れさせることができるんですよ!

 

 

まず、カラーをした日はシャンプーをしない

これは、割と守ってくださる方が多いと思いますがワックスでヘアセットをしたり夏だと汗をかいて気になるとどうしても髪を洗ってしまう方もいると思います。

 

カラー剤の薬剤は約24時間から48時間で髪に定着するといわれています。

なので髪の毛に定着する前にシャンプーしてしまいますと色素が流れてしまいますので色持ちが悪くなってしまうのです。

 

 

そして次の日以降もワックス、スプレーを使いすぎない

これは、スタイリング剤が悪いというわけではなくつけすぎることにより洗い流す時間や回数が長くなるのが問題なのです|д゚)

かといってさっさっと流して髪にスタイリング剤が残ってしまうとそれもダメージになってしまうのです(´;ω;`)

 

 

洗浄力の強いシャンプー剤を使わない

洗浄力が強いと髪にダメージを与えて色素も一緒に落としてしまいます。

更に必要な油分とかも落としてしまうので頭皮が乾燥してフケが出たりしてしまいます。

褪色を防ぐにはカラーでアルカリに傾いているのを酸性に戻してあげるのがポイントなので弱酸性やアミノ酸系の優しいシャンプーがおすすめです(*´ω`*)

 

 

熱いお湯で流さない

冬は特に寒いからいつもよりすこし熱めで流している方も多いと思いますが熱いお湯で流すことも褪色につながります。

温度が上がると髪も痛み色素が抜けていきます。

髪に負担をかけない温度は38度くらいですので気持ちぬるいくらいで流してくださいね!

 

 

髪の毛をダメージから守る

髪が傷んでキューティクルが開いていると色素が出ていきやすくなってしまいます。

髪に必要な水分なども出てしまい、艶もなくなり色が落ちてパサパサした状態になります。

ダメージから守るには

お風呂から出たらタオルでしっかり水分を取る

乾かす前、アイロン前に洗い流さないトリートメントを付ける

髪の毛を毎日乾かす(乾かしすぎると傷んでパサつく)

 

 

 

髪の毛はちょっとしたことでダメージを受けてしまうデリケートなものなのですこしだけ意識してあげることで髪へのダメージを減らし色持ちをアップさせることができると思います☆

 

せっかくかわいいカラーになってもすぐに落ちたんじゃ残念ですもんね(´;ω;`)

色持ちアップさせてカラーリングをもっと楽しみましょう♡

 

 

 

〒458-0004 名古屋市緑区乗鞍1-309コスモ第4ビル1F

 

rufhairdesign ルフヘアーデザイン / caprice   セレクトショップ カプリス

 

℡ 052-848-7675

 

 

ネット予約は下記のURLから

http://www.ruf-hairdesign.com

 

新卒スタッフ&中途スタッフ(スタイリスト・アシスタント・アイリスト)

の募集をしております。

 

*『ruf hair design』の仲間として共に協力し合い成長していきたい方

*本当に美容の仕事が大好きで、クオリティの高いスキルを身につけたい方

*撮影などに興味がある方

*『ruf hair design』でもう一度チャレンジしたい方

など『ruf hair design』に興味のある方、まずはruf代表 岡田 拓也まで

お問い合わせください。 052-848-7675  メール📩はこちらから

 

Please reload

注目記事

web予約はじめました!!

September 21, 2016

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグサーチ
フォロー